• ホーム
  • 男の背中 パート2 - マゲテックグループ|切断・折曲・溶接のエキスパート

お知らせ

News

男の背中 パート2

2010年09月17日
出来事

レンチを手に愛おしそうにマシンの調整をする
笑顔の白髪のおじさんが曰く。

「ナットの締め加減でも曲げ寸法は変るもんさ」
「こういう所にも気を遣わないとダメだ!」

長年のキャリアから我々に適切なアドバイスをしてくれる。
本当に定年を迎えられるのが残念でなりま・・・・
おや!・・・よく見れば、ウチの社長ではありませんか(笑)

この画像は、新しくご依頼頂いた製品の特殊段付けの製法について
社長自らが現場に来て、リーダーと一緒にテストをしているところです。
リーダが写っていない?恥かしがり屋なので逃げてしまいました(笑)
「どうして社長がレンチを手にしているのか?やらせればいいのに・・・」
そんなふうに思った方は多いと思いますが、それは社長の拘りなんです。
机の上で考えたものが現場でどんなふうになるのか?自分の手で
試さないと気が済まない性分なんです。(ガンコっていうのかな?)
時には、たった1枚の鉄板を曲げるのに1時間も2時間も付き合わされる事もある。
なぜ?そこまで拘るのか?私たち社員はそう思ってしまうのですが、
社長に言わせれば「そこまで拘らないといい製品なんて出来っこない!」
マシンを最良の状態にセッティングして、材料の寸法(特に板厚)も測ったり、
もう一度、図面と照らし合わせてケガキが正しいか?確認してから
マシンのペダルを踏むべきだ!」と熱く私たちに語りかけてくる。
それがテストの時になれば、なおさらです。「大板から数枚のテストピースを
取り出す時でも場所によっては若干、板の性格が変ってくる。
青いのもあれば、黒いのもあるし、板が薄い所、厚い所と取り出す条件で
変ってくる。君たちはそれを誤差として片付けてしまうが、それじゃー、
その誤差でどれだけ曲げに影響するかを確認した人がいるかな?」

・・・・確認した事はない。

今まで「曲げならマゲテックだね」とお客様からお褒めの言葉を頂いたのは
この執念にも近い社長の「曲げ」に対しての情熱があったからだと思います。

この背中から私たちは「曲げ技」のDNAを授かろうと思います。

Contact

お問い合わせ

貴社の「こんなものがほしい」や「いま、すぐにでもほしい」の声をお待ちしております。
下記お電話、お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

筐体板金についてのお問い合わせはこちら

マゲテック東京羽田工場
03-3742-5551
営業時間/平日 8:00~17:10

成形についてのお問い合わせはこちら

マゲテック横須賀工場
046-835-8710
営業時間/平日 8:00~17:10

精密板金についてのお問い合わせはこちら

栄工業座間工場
046-251-1735
営業時間/平日 8:00~17:00

“匠”精密板金についてのお問い合わせはこちら

栄工業相模原工場
042-760-1381
営業時間/平日 8:00~17:00